社会福祉法人フラット

〒270-1431 千葉県白井市根200番地37

電話047-401-0621(受付 9:00~18:00)


2019.1.31

1月座ぐり座談会のご報告&2月座ぐり座談会のお知らせ

こんにちは。座ぐりの茂木です。

雨がなかなか降らず、空気の乾燥とインフルエンザの流行が猛威を振るい、毎日ニュースにもなっていますね。何とか健康を維持して春を迎えたいところです。

1月22日(火)に、年明け最初の座ぐり座談会を行いました。

今回は「障害者手帳を持つこと」というテーマです。

まずは、参加者の方が手帳をお持ちかどうか? 手帳の種類、手帳を取得したタイミングについてお話を伺いました。手帳取得のタイミングについては、療育手帳の場合には3歳児検診の頃、精神保健福祉手帳の場合には病院で診断を受けた時、就労を考えた時というご意見でした。

手帳取得を考えた理由としては、将来のことも考え障害基礎年金など色々な援助を受けながら自立できるように・・・というご意見が多く上がりました。

そこで、しろい保健福祉ガイドブックの「障がいのある人のために」というページから抜粋して、障害者手帳を持っている方が受けられる制度、援助について皆さんと共有をしました。(障がい程度別該当事業一覧というページが分かりやすいです。)

参加者の方からは、色々な情報の取得という点でこういったガイドブックの存在、各情報を情報弱者の方への発信をどのようにしていくかがカギなのでは?という貴重なご意見もありました。

 

また、障害者手帳を取得してからのメリット、デメリットについて伺うと・・・

ほとんどの方が、メリットの方が多く、デメリットはあまり感じたことがないというご意見でした。

image3

唯一感じたデメリットとしては、公共交通機関利用時に障害者手帳を提示することに少し抵抗を感じる。(周りの人に障害者であることを知られてしまうから)というお話も伺いました。そういったエピソードから、後ろめたさを感じることなく援助を受けられるような障害理解(心のバリアフリー)を広める取り組みが必要だなと感じました。

image1

今回の座談会では、障害者手帳の取得を検討されている方の参加も頂き、有意義な会となりました。ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

 

次回は、平成31年2月19日(火)15:00~17:00に「こんな心のバリアフリーハンドブックがあったら・・・」というテーマで行う予定です。生活する中で体験したこと、感じたこと、こういうところを理解してほしいということなどを皆さんとお話しできたらと思っております。皆様のご参加をお待ちしております。

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7