社会福祉法人フラット

〒270-1431 千葉県白井市根200番地37

電話047-401-0621(受付 9:00~18:00)


2018.8.1

第21回座ぐり座談会のお知らせ&第20回のご報告

こんにちは。座ぐりの島田です。

8月になり、毎日暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今年は特に暑い日が続いていますので、体力を維持するために睡眠を充分にとり、水分をこまめにとってください。

先日、7月20日(金)に第20回座ぐり座談会を行いました。
今回は就職するなら明朗アカデミー白井キャンパスの森田拓実氏を講師として「自分のあった仕事をみつけるために」をテーマに講演していただき、皆さんとグループワークも行いました。

初めに「キャリア・アンカー」とは、アメリカの組織心理学者エドガー・H・シャイン博士の提唱された8種類の概念。自分が仕事を選択する際に、自分にとって最も大切で、これだけはどうしてもゆずれないもの(価値観など)を指すことであると説明がありました。聞き慣れない言葉でしたが、とても大切なものと感じました。

続いて、個人ワークで「自分が仕事を選ぶのに大切にしていること」「自分が仕事であったら嫌なこと」を書きました。次に、仕事を選ぶのに大切にしていること、自分が仕事であったら嫌なことに順番をつけて、発表しました。

<仕事を選ぶのに大切にしているもの>

A氏 B氏 C氏 D氏
環境が良い やりがい 人と関わる 少人数
対人関係良好 正社員 楽しい 対人関係
福利厚生 収入 給与 やりがい
通勤時間 社員数少ない 強制されない 安定
労務関係 共有する職場 世間体 車通勤

 

<仕事であったら嫌なこと>

A氏 B氏 C氏 D氏
風通し悪い 人間関係悪い 責任をとらない 体力仕事
パワハラ 病気の理解ない パワハラ 経理
暑い 失敗した時の対処 定時退社できない 高所作業
残業多い 通勤時間長い 給与悪い 残業多い

 

書き出すことで、改めて何が大切なことなのか理解できました。そして、同じような項目がありましたが、その人によって「大切にしていること」「嫌なこと」の順番が違い、価値観の違いも確認することができました。
自分にあった仕事(職種)をみつける前に、「自分に何ができるのか」「得意なことは何か」「不得意なことは何か」「嫌なことは何か」など、自分探しをして、自分自身を理解することが大切なのだと感じました。

次回は、平成30年8月24日(金)15時30分から白井市保健福祉センターウェルぷらっと会議室1を予定しています。第21回は「成年後見制度を知ろう!」というテーマで行います。
一般社団法人社会福祉士会権利擁護センターぱあとなあ千葉所属 秦野社会福祉士事務所の秦野隆治氏と「成年後見制度とは?」「どんな時に後見人が必要なの?」「どんな支援してもらえるの?」などを、皆さんとお話ができたらと思っております。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891