社会福祉法人フラット

〒270-1431 千葉県白井市根200番地37

電話047-401-0621(受付 9:00~18:00)


2018.12.14

第24回座ぐり座談会のお知らせ&第23回のご報告

こにんちは。座ぐりの島田です。

日増しに寒さが身に沁みるようになりました。
寒い日に温かい鍋が恋しい季節となりましたね。

11月21日(水)に第23回座ぐり座談会を行いました。
今回は「暮らし方について」をテーマに皆さんと意見交換を行いました。

初めに、皆さんの「現在の暮らし方」と「支援を受けているもの」をあげました。
支援を受けているものでは…自立支援医療・障害者年金・介護保険・児童手当・学校教育などがありました。
image1

次に、60歳になった時どこで誰と暮らしているのか聞きました。
どこでは…「自宅」と答えた方が多かったですが、「シェアハウス」で暮らしたい方もいました。
誰とは…「家族(妻・子供・ペット)」と答え方が殆どでした。
image3image2

・現在の暮らしの不安なことや悩み事について伺いました。
「病気のこと」「経済的なこと」「仕事のこと」「家族のこと」「漠然とした不安」など。
・現在の相談する方は…「医師」「家族」「保佐人」「親友」など。
image4image5
不安なことや悩み事があり相談できる方がいなかった時は、どのように対処しているのか伺いました。
・紙に書いて捨てる
・ペットに癒してもらう
・ピアノ・カラオケ・筋肉トレーニング・ドライブなど

皆さん、それぞれの暮らし方があり、様々な不安なことがあり、それを相談できる方がいる人いない人、
ご自身で困ったときの対処ができる人できない人がいらっしゃいます。
「暮らし方について」と大きなテーマでしたが、自分にあった暮らし方をするためには、正しい情報を収集し
地域の社会資源を知り、自分自身のことを良く知ることと感じました。

 

次回は、平成30年12月19日(水)15時30分から白井市保健福祉センターウェルぷらっと会議室1を予定しています。第24回は「座ぐり忘年会」というテーマで行います。1年の振り返りと来年の抱負を皆さんとお話ができたらと思っております。当事者の方、ご家族の方、皆さんとお話しできたらと思いますので、ご家族も是非ご参加ください。

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

2018.10.26

第23回座ぐり座談会のお知らせ&第22回のご報告

こんにちは。座ぐりの島田です。

暦の上では、もうすぐ立冬を向かえ、冬支度の忙しい季節となりました。
これから寒さが一段と厳しくなりますので、お体にお気を付けください。

9月はお休みさせていただいた座ぐり座談会ですが…
10月23日(火)に第22回座ぐり座談会を行いました。
今回は「東京2020心のバリアフリーに向けて」をテーマに皆さんと意見交換を行いました。

初めにバリアフリーの「バリア」とはどんな意味なのか、皆さんにお伺いしましたら「壁」「障害」という意見がでました。
また、精神障害、発達障害、知的障害は外見で分かりづらいことから、障害が理解されにくいという話もありました。
白井市障害者計画ので実施した、「人権を損なう扱いを受けた経験(身体・知的・精神)」というアンケート項目では、
第1位が「特にない」「分からない」という現状がありました。

dsc00492

 

次に、皆さんに生活する中で「理解されてないなと感じた出来事」「理解してもらったなと感じた出来事」
を書いていただき皆さんで共有しました。
「理解されてないなと感じた出来事」
・手帳の申請をしたが通らないといわれた。
・関係機関に悩み事を相談したが専門機関につないでもらえなかった。
・病気の理解がなく、怖いと言われたり、「なぜ働かないの?」と言われた。

「理解してもらったなと感じた出来事」
・障害があっても出産すると話してくれた。自分の思いと一緒で安心した。
・お店でやさしく声をかけてもらったとき。
・メモがとれ易いように、ゆっくり話してくれるなどのコミュニケーションの配慮があった。
・障害特性や個性を理解し、就労時間の配慮をしてくれた。
dsc00493dsc00496

皆さんの意見を心のバリアフリーに活かすために何ができるのか意見交換しました。
・この座談会での意見交換を行政や自立支援協議会に発信する。
・自分の体調によるが、月に1~2回程の話を聞く機会をつくってもらえると言い易くなる。
・やさしいことは積極的に行うと自分に返ってくると思う。
dsc00497dsc00498
大きなテーマでどうなるかと思いましたが、「共感できることが多かった」「分かち合うことができた」などの有意義な意見交換できました。
白井市の心のバリアフリーにむけて、皆さんで意見交換し共有して発信していくことが大切と感じました。
是非また、「どんなところに配慮が必要なのか?」「バリアフリーに向けて具体的に何をするのか?」同様のテーマでみなさんと意見交換をしたいと考えております。

次回は、平成30年11月21日(水)16時30分から白井市保健福祉センターウェルぷらっと会議室1を予定しています。いつもの開始時間とは異なりますのでお気をつけてください。
第23回は「暮らし方について」というテーマで行います。「今の自分に合った暮らし方とは?」「将来、どんな暮らし方をするのか?」「どんな支援があったらいい?」などを、皆さんとお話ができたらと思っております。
当事者の立場のご意見、ご家族の立場でのご意見を皆さんとお話しできたらと思いますので、ご家族も是非ご参加ください。
%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

 

2018.8.29

第21回座ぐり座談会のご報告

こんにちは。座ぐりの島田です。

8月下旬になり夕方の空を見ると秋の定番「いわし雲」がでていました。
秋の気配を感じますが、残暑が厳しい毎日が続いていますので、お体気をつけてください。

先日、8月24日(金)に第21回座ぐり座談会を行いました。
今回は一般社団法人千葉県社会福祉士会 権利擁護センターぱあとなあ千葉所属 秦野社会福祉士事務所
秦野隆治氏を講師として「成年後見制度について」をテーマに講演していただき、皆さんと意見交換を行いました。
社会福祉士が行う成年後見活動の特色は「毎月の訪問」「本人の意思を尊重」「福祉の専門職として資源調整」「親身になって相談にのる」「温情に走らず、ソーシャルワーク理論を基盤にしたプロフェッションを行う」「倫理綱領・行動規範、研修制度を持ち、誇りをもって後見業務を行う」と話されていました。

image2

<成年後見制度とは?>
●認知症や精神障害・知的障害・その他の障害のため、判断能力が不十分な方々の「財産」「生活」「権利」を守る制度です。
<どんな支援をしてもらえるの?>
●毎月訪問し、傾聴します。
●預貯金や不動産の管理、医療・介護の手配等を行い、最後まで「自分らしく生きる人生」を支援します。
※一般社団法人千葉県社会福祉士会 権利擁護センター ぱあとなあ千葉のパンフレットをご参考下さい。

20170731133845410_0002 20170731133845410_0001

現在、秦野氏が後見をされている方の事例を通して、皆様と意見交換を行いました。
●親亡き後のことを考えて、いつから準備するのか。
●誰が申請をして、誰が後見人になってくれるのか。
●どのよう申請が必要で、どのくらい期間がかかるのか。
●毎月の報酬金額は?申請するのにお金がかかるの?
沢山の質問があり、事例を通して丁寧に答えていただきました。

成年後見活動の「特色」や「どんな支援をしてもらえるのか」事例を通して説明していただいたことで、分かり易く、身近な制度に感じることができました。

平成30年9月の座談会は、お休みさせて頂きますのでご了承ください。
次回は平成30年10月の予定です。
宜しくお願いいたします。

2018.8.1

第21回座ぐり座談会のお知らせ&第20回のご報告

こんにちは。座ぐりの島田です。

8月になり、毎日暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今年は特に暑い日が続いていますので、体力を維持するために睡眠を充分にとり、水分をこまめにとってください。

先日、7月20日(金)に第20回座ぐり座談会を行いました。
今回は就職するなら明朗アカデミー白井キャンパスの森田拓実氏を講師として「自分のあった仕事をみつけるために」をテーマに講演していただき、皆さんとグループワークも行いました。

初めに「キャリア・アンカー」とは、アメリカの組織心理学者エドガー・H・シャイン博士の提唱された8種類の概念。自分が仕事を選択する際に、自分にとって最も大切で、これだけはどうしてもゆずれないもの(価値観など)を指すことであると説明がありました。聞き慣れない言葉でしたが、とても大切なものと感じました。

続いて、個人ワークで「自分が仕事を選ぶのに大切にしていること」「自分が仕事であったら嫌なこと」を書きました。次に、仕事を選ぶのに大切にしていること、自分が仕事であったら嫌なことに順番をつけて、発表しました。

<仕事を選ぶのに大切にしているもの>

A氏 B氏 C氏 D氏
環境が良い やりがい 人と関わる 少人数
対人関係良好 正社員 楽しい 対人関係
福利厚生 収入 給与 やりがい
通勤時間 社員数少ない 強制されない 安定
労務関係 共有する職場 世間体 車通勤

 

<仕事であったら嫌なこと>

A氏 B氏 C氏 D氏
風通し悪い 人間関係悪い 責任をとらない 体力仕事
パワハラ 病気の理解ない パワハラ 経理
暑い 失敗した時の対処 定時退社できない 高所作業
残業多い 通勤時間長い 給与悪い 残業多い

 

書き出すことで、改めて何が大切なことなのか理解できました。そして、同じような項目がありましたが、その人によって「大切にしていること」「嫌なこと」の順番が違い、価値観の違いも確認することができました。
自分にあった仕事(職種)をみつける前に、「自分に何ができるのか」「得意なことは何か」「不得意なことは何か」「嫌なことは何か」など、自分探しをして、自分自身を理解することが大切なのだと感じました。

次回は、平成30年8月24日(金)15時30分から白井市保健福祉センターウェルぷらっと会議室1を予定しています。第21回は「成年後見制度を知ろう!」というテーマで行います。
一般社団法人社会福祉士会権利擁護センターぱあとなあ千葉所属 秦野社会福祉士事務所の秦野隆治氏と「成年後見制度とは?」「どんな時に後見人が必要なの?」「どんな支援してもらえるの?」などを、皆さんとお話ができたらと思っております。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

2018.6.28

第20回座ぐり座談会のお知らせ&第19回のご報告

こんにちは。 座ぐりの島田です。

6月になり、うっとうしい梅雨が始まり蒸し暑い毎日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日、6月13日(水)に第19回座ぐり座談会を行いました。
今回は「家族との心地良い距離間ってどれくらい?」をテーマに皆さんとお話をしました。
はじめに「家族がいて良かったと思う場面とは?」についてお話をしました。
%e5%ba%a7%e8%ab%87%e4%bc%9a%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0-1
病気になった時の生活面のサポートや毎日学校に通うことができる教育費のサポート、
身近なところでは虫の退治や電球の交換などがありました。
また、「自分の病気のことを一番理解している」もありました。

次に「家族との関わりで困った体験」のお話をしました。
%e5%ba%a7%e8%ab%87%e4%bc%9a%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1-2
身近なところでは、分からない用語を聞いてきたり、テレビのチャンネル争いがありました。
また、親からの過干渉で困っていると感じている方が過半数以上いました。

最後に「心地よい距離間とは?」皆さんで意見交換しました。
%e5%ba%a7%e8%ab%87%e4%bc%9a%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2-3
家族によって距離間は違いますが、その時々に応じて近くなったり離れたりと上手に調整できることが良いと感じました。また、家族の心と心が繋がっていることが大切なんだと改めて認識しました。
今回の座談会は、とても難しいテーマと感じました。皆さんの貴重なご意見、ありがとうございました。

次回は、平成30年7月20日(金)15時30分から白井市保健福祉センターウェルぷらっと会議室1を予定しています。第20回は「自分にあった仕事をみつけるために」というテーマで行います。
明朗アカデミー白井キャンパスの指導員森田拓実氏と「自分にあった仕事とは?」「明朗アカデミーとは?」などを、皆さんとお話ができたらと思っております。
%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

2018.6.4

第19回座ぐり座談会のお知らせ&第18回のご報告

こんにちは。 座ぐりの島田です。
出勤時にタチアオイの花をみつけ、下の花が咲き始め梅雨が始まったと感じました。
早く先端まで綺麗な花を咲かせ、梅雨があけると嬉しいです。
皆さんもタチアオイの花をみつけて、いつ頃梅雨があけるのか予想して下さい。
お時間があるときに「タチアオイ」でググってください。

先日、5月28日(月)に第18回座ぐり座談会を行いました。
今回は「白井市社会福祉協議会を知ろう!」をテーマに白井市社会福祉協議会地域連携グループ長赤間賢二氏をお招きして皆さんとお話をしました。

はじめに赤間賢二氏から資料に沿って白井市社会福祉協議会について説明していただきました。
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891
資料にそって丁寧に説明していただき、近くにありながら知らないことが沢山ありました。
とても多くの事業があり、びっくりしました。

次に、皆さんからの質問に答えていただきました。
皆さん、身を乗り出して質問し、真剣な表情で耳を傾けていました。
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%892
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%893

最後に皆さんから感想をいただきました。
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%894
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%895
白井市社会福祉協議会は…
「地域のみんなの支えあいで誰もが、その人らしく、いきいきと安心して暮らせるまち白井」を目指し、
住民主体で活動されていました。
私達も皆さんが主役で、希望や悩みなどをお伺いして、一人ひとりに合った障害福祉サービス等の利用ができるようにサポートします。

次回は、平成30年6月13日(水)15時30分から
白井市役所保健福祉センターウェルぷらねっと会議室2を予定しています。
第19回は「家族との心地良い距離間ってどれくらい?」というテーマで行います。
「家族とはどんな存在?」「心地良い距離間とは?」などを白井市内の障害者手帳をお持ちの方、
もしくは精神科に通院している皆さんとお話ができたらと思っております。
途中参加、途中退席も可能ですので、お気軽にご参加ください! お待ちしております!!
%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

2018.5.7

第18回座ぐり座談会のお知らせ&第17回のご報告

こんにちは 座ぐりの島田です。

暖かい日が続き、近所のチューリップ畑も赤白黄色と綺麗に咲いています。

平成30年度がスタートしましたので、気持ちも新たに頑張っていきたいと思いますので宜しくお願いします。

先日、4月27日(金)に第17回座ぐり座談会を行いました。

今回は、4月24日にオープンしたフラットビレッジコーヒー1階サロンで開催しました。

今回は「生活の困りごと」をメインテーマに皆さんとお話をしました。

はじめに「今まで経験して困ったこと」をお話ししました。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

忘れ物が多いこと、通院のこと、申請書類のこと、食事のことなど様々な意見がでました。

次に「困ったことをどのように乗り越えたか」を困ったことをピックアップして意見交換を行いました。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%892

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%893

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%894

①申請書類などは、誰か側にいると安心して乗り越えることができるので慣れるのまで見守ってもらいたい。

②忘れ物は前日、当日に何度も確認する。また、片付ける場所を決める。

 用事などの物事を忘れないようにメモをとる。カレンダーや手帳に書く。

③食事は火やまな板を使わないでハサミやスライサーで調理をする。電子レンジクッキングなど。

 献立はインターネットのクックパットを使用するなど。

④電話応対では留守番電話に入れることや不意にかかってくる電話が苦手。

皆さん色々な悩み事があり、それぞれの解決方法を考えて実践されていました。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%896

 今回の困りごとの共通点は人と関わるコミュニケーションでした。

色々な悩み事がありますが、皆さん同じ悩みことを抱えていることを知ることで頑張る気持ちになると話されていました。

次回は、平成30年5月28日(月)15時30分からフラットビレッジコーヒー1階サロンを予定しています。

第18回は「白井市社会福祉協議会を知ろう」というテーマで行います。

白井市社会福祉協議会赤間賢二氏と「社会福祉協議会とは?」「どんな活動をしているの?」などを白井市在住のみなさんとお話ができたらと思っております。

%e7%ac%ac18%e5%9b%9e%e5%ba%a7%e8%ab%87%e4%bc%9a%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

途中参加、途中退席も可能ですので、お気軽にご参加ください! お待ちしております!!

2018.1.23

第15回座ぐり座談会のお知らせ&第14回のご報告

こんにちは 座ぐりの茂木です。

先日、1月18日(木)に第14回座ぐり座談会を行いました。今回ははじめて、日中の15時からの開催でした。

今回は「こんな街(白井市)で暮らしたい!」をメインテーマに皆さんとお話をしました。はじめに「白井市のいいところ、ちょっと残念なところ」をお話ししました。

%e7%ac%ac14%e5%9b%9e%e5%ba%a7%e8%ab%87%e4%bc%9a%e2%91%a1

%e7%ac%ac14%e5%9b%9e%e5%ba%a7%e8%ab%87%e4%bc%9a%e2%91%a0

%e7%ac%ac14%e5%9b%9e%e5%ba%a7%e8%ab%87%e4%bc%9a%e2%91%a2

「こうだったいいな・・・」というテーマでは、人の部分で心のバリアフリー化をしてほしいという声がありました。

次回は、平成30年2月22日(木)15時からを予定しています。第15回は「こんな街(白井市)で働きたい!」というテーマで行います。

こんな働き方だったら仕事をしたい、こんな配慮をしてもらえたら働きやすい、など地域で働くことについてみなさんとお話ができたらと思っております。

1030170766

途中参加、途中退席も可能ですので、お気軽にご参加ください! お待ちしております!!

 

2017.11.30

第13回座ぐり座談会のお知らせ

こんにちは、座ぐりの飯ケ谷です。

ずいぶん寒くなってきましたが、体調はいかがでしょうか?
インフルエンザやノロウィルスなど感染症も心配な季節ですので、手洗いなど予防を徹底していきたいと思っています。

さて、今年最後の座談会のお知らせです。%e7%ac%ac13%e5%9b%9e%e3%80%80%e5%ba%a7%e3%81%90%e3%82%8a%e5%ba%a7%e8%ab%87%e4%bc%9a

今回は、いつもより少しだけゆるく、1年の思い出を皆様で話し合いたいと思っています。

良かったことも悪かったことも、ここで吐き出して新しい1年を迎えてみませんか?

皆様のお越しをお待ちしています。

2017.10.30

3月オープン予定 クリニックカフェ

いつもブログに来ていただきありがとうございます。

2018年3月に、複合型福祉施設クリニックカフェ(仮称)をオープンする運びとなりました!

地域×福祉を合言葉に、福祉の力で地域に足りないものを作っていく。

小さなお子さんを気兼ねなく連れてこれて、食べながら気軽に健康相談や子育て相談もできる、そんな親子にほっと一息できる憩いの場所を作りたい。

そんな想いから始まりました。

店内には看護師や保健師が料理をしたりウエイターをしたり、ベビママサロンや妊産婦向けサロンをおこなったり。

未就学児の一時預かりや療育室や、就学後のこどもたちには放課後に学習するオープンスペースも併設してあります。

店内の運営には障害を持った人がいたり、多様な人が出入りし自分の居場所を見つけていく、そんな場所です。

 

詳しくはホームページでご確認ください!

http://flat.or.jp/cafe/

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e5%a4%96%e8%a6%b37%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc3