社会福祉法人フラット

〒270-1431 千葉県白井市根200番地37

電話047-401-0621(受付 9:00~18:00)


2018.11.16

モロヘイヤパウダー作り!

こんにちは、手塩宿の上です。

本日は、モロヘイヤ加工作業の一つである「モロヘイヤパウダー作り」作業についてご紹介します。

畑で収穫されたモロヘイヤは、皆で茎と葉に分け、更に水洗い、乾燥の工程を経て、パリパリの乾燥葉にします。その後、この乾燥葉を手揉みすることより、モロヘイヤはこのような粉末状の姿になります。

dsc00313

この時点で葉は細かい粒状になっておりますが、クッキーの生地に練りこむパウダーとして使用するためには、粒がまだ粗いです。更に細かい粒子状にする必要があります。

そこで用いるのが「ミルサー」です。頑張って皆で粉々にしたモロヘイヤの葉を、ミルサーの容器に入れます。容器を所定の位置にセットし、スイッチ、オン。

dsc00307

内部の刃のついたプロペラが毎分二万回転もの速度で回転し、容器内の葉を更に粉砕します。

ミルサーをかけた後のモロヘイヤが、こちらです。

dsc00324

先ほどより、かなり細かくなりました。すっかり見栄えの変わったモロヘイヤの姿に、ご利用者はもちろん、担当の私まで驚いてしまいました。かなり細かくなるのですね。これがモロヘイヤパウダーとして、クッキーの生地に練りこまれ、モロヘイヤクッキーに変身します。本日加工したパウダーはいつ、モロヘイヤクッキーに変身するのか・・・完成が非常に待ち遠しいです。