社会福祉法人フラット

〒270-1431 千葉県白井市根200番地37

電話047-401-3333(受付 9:00~18:00)

2020.11.24

避難訓練を行いました

こんにちは。
手塩宿の齋藤です。

先日行った避難訓練の様子についてお伝えします。

火災に対しての避難訓練を行いました。
昼食後、調理場から出火したことを想定して行いました。

職員が消火器を持って、消火活動をして、火が消えなかった場合、消防署へ火災について通報して、全員が屋外へ避難します。

窓の閉め忘れなどがありましたが、避難誘導をして、逃げ遅れた人の確認をして、無事に全員が避難することが出来ました。

避難訓練の後は消火器の取り扱いについて説明を受けて、消火訓練も行いました。

あってはならないことですが、実際に火災で避難しなければいけない時は、今回の避難訓練のように、冷静に落ち着いて、二次災害の起こることの無いように安全に避難をすることが大事だと改めて感じました。

 

今年度はあと一度、訓練を行う予定です。

今回の反省点を踏まえて、次回も安全に気を付けて避難訓練を行いたいと思います。

dsc06238

2020.11.3

秋の壁工作完成!

こんにちは!手塩宿の石川です。

 

ススキが咲いているのを道端で見かけるようになりました。もうすっかり秋ですね。

まだ寒暖差があり服の調節が難しいことと思いますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、本日はみどり班で行なった秋の壁工作の完成版と、10月29日、30日に行なったハロウィンの様子についてご紹介します。

 

まずは、秋の壁工作の完成版がこちら!!

dsc06153

当初の予定よりも非常にダイナミックな壁工作となりました。

紅葉や葉っぱを切ることに専念されていたご利用者さん、貼る場所をよく考えながらたくさんの葉を貼ってくださったご利用者さん、一生懸命に様々な色で思いっきり塗ってくださったご利用者さん。

どれもご利用者さんの頑張りがあふれた作品となりました。

 

このたくさんの葉のなかにはトンボやきのこ、どんぐりが隠れているのでお時間ある時にぜひ探してみて下さい!

 

実はこちらの秋の壁工作、前回アップロードした壁工作の様子の時から約1週間くらいですでに出来上がってしまいました。なので、現在は早くも冬の壁工作を作成中です。

 

また、10月末といえばハロウィン!

ということで、ハロウィンのプチイベントを行ないました。

お部屋をハロウィン仕様にしたのでその様子をご紹介します!

 

まずはこちら!

dsc06174

 

ハロウィンの仮装をして写真が撮れるよう、写真撮影ブースを作りました!

積み重なったジャックオランタンはご利用者が描いたり、顔のパーツを貼り付けて下さったものです。

紙漉きで作った和紙にご利用者がゾンビなどを描いてくださり、さらにハロウィン感が出るものとなりました!

皆さん素敵な笑顔でブースの前でポーズを決めて写真を撮り、とても楽しそうでした!

 

こちらも紙漉きで作った和紙にご利用者さんが描いてくださったものです!

dsc06175

ハロウィンに出てきそうな様々なキャラクターを描いてくださいました!

ぜひご利用者さんの気持ちがこもった作品ですので、ぜひ一枚一枚よくご覧になっていただけたらなと思います。

 

みどり班では引き続き冬の壁工作に向けて取り組んでいます。

次回はそのご様子をお伝え出来たらなと思います。

冬はどんな壁工作となるのか、ぜひお楽しみに!

2020.10.13

元気に育っています!

こんにちは!手塩宿の木村です。

 

最近は彼岸花を道端で見かけられるようになったり、金木犀の香りが鼻をかすめ

秋らしい日を感じられるようになりましたね。

季節の変わり目で体調の管理が難しくなってきていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

きいろ班では9月半ばにご利用者様と一緒にラディッシュを植えました!

水やりがいつでも出来るようひまわり畑から土を持ってきてプランターに土を入れるところから

種を植えるまで一緒に行いました!!

 

これが一週間ほど前の苗です♪

まだまだ小さくて可愛らしいですね。

 

img_5862

 

そして現在のラディッシュの姿がこちら!!!

こんなにたくさん元気に育ちました!

 

dsc06068

 

 

この写真は一緒に水やりを行っている写真です!

持ちやすいように入れ物を工夫しました♪

 

dsc06067

 

 

 

 

 

 

もっと大きく元気に育って収穫するのが楽しみです!

 

またいつかのブログで収穫したラディッシュを紹介出来たらと思います!

楽しみに待っていてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.9.29

もうすぐハロウィン

こんにちは!

手塩宿の吉田です。

夏の暑さも和らぎ涼しい日が増え、少しずつ秋を感じられるようになりましたね。

寒暖差があるので体調を崩さないように過ごしていきましょう!

 

さて今回はもうすぐハロウィンということで、

モロヘイヤの作業の合間を縫って紙漉きで作った和紙を使い

カボチャの絵の作品を作りました。

担当はそれぞれ振り分け、色を付けるのが得意な方に和紙の色付けをして頂きました。

dsc05702

次にハサミで切るのが得意な方に職員が下書きをした

カボチャの絵を切って頂きました。

最初はカボチャらしく「オレンジ」で色付けしようか悩みましたが、マーブルの色具合が独特な為、より一層ハロウィンらしいカボチャに仕上がりました。

dsc06044

dsc06045

マーブル染めは同じ物を作ることのできない為

世界に一つだけの作品を作れます。

今回はハロウィンに沿った作品を作りましたが

次回は冬にちなんだ作品をマーブル染めで作れたらと思います。

新しい作品が出来上がるまで楽しみに待っていて下さい!!!

2020.9.15

壁工作 ~紅葉~

こんにちは、手塩宿の塩野谷です。

厳しい残暑に不安定なお天気、過ごしやすい秋の気候が待ち遠しい今日この頃、皆様いかがお過ごしですか。

 

さて、今回は秋の壁工作に取り組む様子についてお伝えします。

秋の壁工作のテーマは「紅葉」です!

 

まずは、赤、黄色、オレンジ、を中心とした秋らしい色で紙を塗っていきます。

絵の具、色鉛筆、クレヨン、それぞれ好きなものを使って塗って頂きました。

クレヨンで隙間なく塗りつぶす方がいたり、絵の具でグラデーションを作る方がいたり・・・。

下に洗濯板を敷いてクーピーで塗って下さる方もいて、出来上がった模様がとてもきれいでした。

いろいろな色、塗り方で、にぎやかな紅葉になりそうな予感がします!!!

img_5809

 

紙を塗ったら、それを葉の形に切り抜いていきます。ハサミが得意な方に担当していただき、特にもみじは複雑で難しい形ですが、とても上手に切り抜いてくださいました。

img_5807

img_5806

少し涼しくなる10月頃完成を目指し、みんなで進めていきたいと思います。

完成したらご報告させていただきます。お楽しみに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.8.25

素敵な差し入れ

こんにちは!

手塩宿の木村です。

30度を超える猛暑が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

手塩宿では暑さに負けずご利用者様も職員も毎日元気に活動を行っています!

 

そんな中、先日ご近所様から「梨」の差し入れを頂きました!

なんと手塩宿は梨農家さんに囲まれている素敵な場所にあるんです!

 

dsc05927

こんなにたくさん♪

 

dsc05928

 

甘くてみずみずしく、美味しかったです♪

あっという間になくなってしまいました!!

差し入れしてくださった皆様ありがとうございました。

 

 

 

今年はコロナ禍で、残念ながら地域の方々とのイベントは開催が難しくなりましたが

例年「ぱずるでぃ」を通して地域の方との交流を行っています。

いつかまた地域の皆様と、日ごろの感謝を込めて素敵な交流ができるといいなと思っております。

 

※「ぱずるでぃ」は地域をパズルと見立てて、手塩宿も‘‘なくてはならない1ピース‘‘になれるようにと地域との交流を目的として開催しているイベントです。昨年は夏にワークショップでクッキーを使用した自由研究や紙すき体験を行い、秋にはハロウィンにカボチャのオブジェづくりなど、冬には餅つき大会を行いました。

 

木村

2020.8.18

モロヘイヤの収穫について

こんにちわ

手塩宿の齋藤です。

梅雨も空け、連日猛暑が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

畑では暑さにも負けずモロヘイヤがすくすくと育ち、収穫の時期を迎え、モロヘイヤクッキーの材料となるモロヘイヤの加工作業に取り組み始めました。

収穫したモロヘイヤの茎からモロヘイヤの葉を一枚一枚取り、きれいな葉と虫に食われてしまった葉を分け、モロヘイヤの汚れを取るために、水で丁寧に洗います。

干し網に、一枚一枚丁寧に並べて乾燥させ、乾燥させた葉は、パウダー加工作業が始まるまで、乾燥剤を入れ保管します。

次回はパウダー加工作業についての様子をお伝えしたいと思います。

2020.8.4

みんなで作るカレンダー

こんにちは、手塩宿の中野です。

7月は、はっきりとしない天気が続きましたが、8月は青空が続いて夏らしい天気になってもらいたいと思う今日この頃です。

 

さて、手塩宿では、赤班は畑作業、緑班は製菓作業、黄色班ではクラフト作業をおこなっております。

私の所属する黄色班ではクラフト作業の一環として紙漉きをして紙を作っております。

紙を作る過程では以前お話した通り牛乳パックを煮込み、牛乳パックのフィルムを外し、フィルムを外した紙を乾かします。その紙をちぎりミキサーにかけて、紙漉きの材料を作り紙漉きをして紙を作ります。

 

紙を作る過程はこのようにしてます。

 

dsc05868

 

♪こちらは利用者の方がフィルムを外している様子です。

 

dsc05876

 

♪こちらは利用者の方がミキサーがけをしている様子です。

 

出来上がった紙に曜日、日にちを入れて、クラフト用紙で紙に模様を入れてカレンダーが出来上がりました。

dsc05882

 

手塩宿では利用者の方々がみんなで力を合わせて、このような作品を作っていくことに力を入れています。

 

dsc05880

♪みんなで力を合わせてこのように素晴らしい作品が出来上がりました。

これからもみんなで力を合わせて色々な作品をつくっていきたいと思います。

 

2020.7.28

願いを込めて

こんにちは。手塩宿の石川です。

 

パッとしないお天気が続く中、少しずつ暑い日が増えてきましたね。

梅雨も明けないまま7月が過ぎ去ろうとしていますが、皆さんいかがお過ごしですか?

 

さて、今回は以前ご紹介した七夕の壁工作の完成版をご紹介しようと思います!

 

ご利用者の皆さんが星形に色を塗ったり、切ったり、貼ったり一丸となって作成し、完成した七夕の壁工作がこちら!!

dsc05858

当初予定していたものよりもだいぶ大きな天の川となりました!

まるで宇宙で天の川を見たかのような迫力ですね。

 

七夕ということもあり、紙漉きから作った短冊にみんなでお願い事を書きました。

一枚の短冊に強い願いを書く方や、何枚も叶えたい願いを書いていらっしゃる方など様々な願い事が短冊に書かれています。

願いを込めて書いてくださった短冊は笹の葉に飾りました。

皆さんの願い、叶うといいですね!

 

dsc05833

 

夏の壁工作は今回は七夕となりました。

次回の壁工作は「秋」に製作できたらなと思っています。

秋の壁工作は果たしてどのような作品となるのか!!

どうぞお楽しみに!

 

2020.7.7

まだまだ小さなモロヘイヤ

こんにちは。手塩宿の吉田です!

梅雨時期という事もあり、天候の変化や気温の変化が激しい日が続いていますね。
過ごしづらい日々が多いですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は手塩宿で行っている畑作業についてお話させて頂きます。

手塩宿ではクッキーに使うパウダーとして毎年モロヘイヤを栽培しております。

例年では4月中に蒔いている種もコロナウイルスの影響もあり、緊急事態宣言が解除された5月下旬に種蒔きを行っています。

種蒔きをして1か月程しか経っていませんが小さな芽がどんどんと生えてきています。

dsc05703-1

これからどんどんと成長していくのを待ち遠しく感じます。

早く皆様に成長したモロヘイヤをお届けできるのが楽しみです。

またモロヘイヤに負けじと周りには雑草が生い茂っているので栄養が雑草に持って行かれないように
雑草抜きも進めていきたいと思っております!

次回は成長したモロヘイヤの姿と畑で育てている「楮(コウゾ)の木」について紹介できればと思います!!!