社会福祉法人フラット

〒270-1431 千葉県白井市根200番地37

電話047-401-3333(受付 9:00~18:00)

2021.7.27

久しぶりの夏イベント!!

こんにちは。手塩宿の石川です。

梅雨も明け、猛暑のごとく暑い夏がやってきましたね。

皆さま、暑さに負けず元気にお過ごしでしょうか?

 

さて、手塩宿では7月22日と23日の海の日とスポーツの日にそれぞれイベントを行ないました!

イベントは昨年の12月のクリスマス会以来となります。

今回はそれぞれのイベントの様子についてお伝えします。

 

まずは海の日!

この日はアートイベントを行ないました。

陶器で出来ただるまの貯金箱にお好きに色付けを行なっていくというものです。

dsc07460dsc07461

皆さん、思う存分に色塗りを楽しまれていました!

素敵なオリジナルだるまがたくさんできています。

img_1966

 

そして、スポーツの日!

こちらは調理イベントを行ないました。

夏といえば、、、、、、「BBQ!!!

 

ということで、皆でバーベキューを楽しみました!

手塩宿の駐車スペースを使用し、コンロでフランクフルトや焼肉を作りました。

香りを楽しまれる方、その場で出来たてを召し上がる方や、水遊びをされる方。

皆それぞれの楽しみ方をされていました。

 

dsc07480 dsc07517

 

焼きそばやフランクフルトを召し上がった後は、スイカ割りをしました!

各班の代表のご利用者が順番にスイカを目掛けて竹の棒を振りかざし、程良く割れました!

dsc07550

割れたスイカはそれぞれ切り分け、皆で召し上がっています。

皆さん美味しそうにスイカにかぶりついていました。

 

コロナ禍が続く中ではありますが、感染対策も行ないながら少しでも楽しく笑顔で過ごせる日々を作っていけたらなと思います!

次回のブログもお楽しみに!!

 

 

 

2021.7.15

紙作りについて

こんにちわ

手塩宿の齋藤です。
蒸し暑い日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
気温の変化もあり熱中症を起こしやすい時期でもありますので、皆様お気をつけてお過ごし下さい。
手塩宿の2Fの赤班では7月から班編成が変わりましたが、引き続き、紙やカレンダーを作っていきたいと思っています。

日本に紙が伝来し、紙がつくられるようになったのは仏教をはじめ大陸の文化や技術の交流が盛んになった5~6世紀頃だと考えられているそうです。

中国や日本は、主な筆記具が筆と墨であったことから、紙に求められる性質が西洋の紙とは異なっていました。ペンと水性インキに適する厚さや表面のなめらかさ、にじみの少なさが求められた西洋と異なり、日本では9世紀初頭に確立したとされる流し梳きによる薄手の紙が、楮や雁皮などをおもな原料として製造されていたそうです。

現代では紙作りは機械化されて作られていますが、昔からの工法で紙を作っているところは全体の0.3%程あるそうです。
原料に牛乳パックの紙を使って、工程は牛乳パックの紙を煮込んで、フィルムを剥がし、乾燥させてから、紙を細かくちぎって、

ミキサーで牛乳パックの紙を細かくして、紙の原料を作り、紙の材料を紙漉き機と水に入れて、それを掬い上げて、台紙に張り付けて、水分を取り、乾燥させて紙が出来上がります。

img_0739

img_0742

今後はA3サイズの大きさの和紙を2Fの室内でも作れるように環境を設定していって、カレンダーの日付や季節の絵等を描いて頂いて、カレンダーを完成させていけたらと思います。
また、他にも、紙ビーズや紙の入れ物等、紙を使った作品も楽しく作っていきたいと思います。

img_0746

img_0743

img_0745

ご覧いただきありがとうございました。
次回はカレンダーについてのご報告をさせて頂きたいと思います。
宜しくお願いします。

2021.6.29

野菜・観葉植物にチャレンジ!

段々暑くなってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。手塩宿の館野です。

今年度から新しい畑を使用できることになりましたが、きいろ班では鉢でも野菜を挑戦してみることになりました。写真左から「白ゴーヤ」「赤ミニトマト」「黄ミニトマト」「シシトウ」です。

鉢に軽石をひき、土を入れ、苗の植え付け、水やり等、ご利用者と一緒に行いました。

dsc07327

最近の暑さのおかげで、ぐんぐん成長しています。

 

手塩宿の裏の畑ですが、きいろ班では9月から始まる野菜の植え付けの為に現在土作り中です。

ニンニク、玉ねぎ(アーリーレッド)、イチゴ、菊芋、スナップエンドウ等をみんなで頑張って植える予定です。

ちなみに、イチゴはご利用者様のリクエストです。来年の収穫が楽しみですね。

 

花壇でも今年度からチャレンジしていることがあります。

つゆ草の仲間のトラディスカンチアを育てています。模様が綺麗ですね。

画像の物は数週間前にカットして、ご利用者様に植え付けをしてもらったものですが、すでに根が出始めています。

dsc07328

吊るし鉢に入れて、垂らして育てると素敵ですよ~

 

今年度きいろ班では新しい事にいろいろチャレンジしています。これからもみんなで楽しく活動を目標に、いろいろ作り出していきたいと思います。

 

舘野

2021.5.25

畑!始めます!

夏の匂いもしてくる今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか、手塩宿の鈴木です。

本年度から、新しい畑にて、ケナフとモロヘイヤの栽培を行っていきます。

まずは耕運機で畑を耕して、種まきの準備を行ないました。

img_0651

次は種蒔きです。

img_0656

次は水遣りです。

早く発芽しますようにと思いを込めながら水遣りを行ないました。

img_0650

img_0648

今後も随時、発芽、収穫など更新していきます。

お楽しみに!

 

2021.5.11

クラフト用紙で作る新作!

こんにちは!

手塩宿の木村です。

新年度が始まり早一か月経ち、木々の緑もだんだんと色濃くなってきましたね。

皆様変わりなくお過ごしでしょうか。

 

さて、以前手塩宿ではクラフト用紙やコースター作成のためチラシ等の古紙を使用して紙漉きを行ってきたと紹介させて頂きました!

そしてコースターに引き続き新作です!淡い色がおしゃれなガーランドとポストカードです!

 

♪一人でできる簡易紙漉きセットを使って三角の用紙を作成しました!dsc07284

クッキーの型を使用し可愛い柄も付けています

dsc07288

♪すいたものをテラスで乾かしています!

dsc07291

 

 

♪活動部屋に吊るしています!なんだかおしゃれになって活動意欲も沸いてくるような、、。作業も捗りますね!

dsc07286

 

 

今年度は始まったばかりですが昨年度からの引継ぎを行いつつ(コースターづくりも頑張っています!)新しい作品がたくさん作れていけたいいなと思っていますのでぜひ見守っていただけたらと思います。

 

木村

 

 

 

 

 

2021.4.22

新しい試み

いよいよ、令和3年度が始まりました。

今年も手塩宿はご利用者が主役になれるような施設運営を心掛け、皆さんを幸せに出来るよう支援員一同汗を流していきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

さて、3年度から手塩宿では新たに畑をお借りする事となりました。場所は手塩宿の真裏ですので、好立地で日当たり良好です。

この場所をお借りして、製菓に使用するモロヘイヤ、紙漉きをするケナフ、その他野菜を育てていく予定です。

0421-1

先日は早速ケナフのタネをまき始めました。

ケナフはアオイ科の植物で、一年草です。

背丈は1メートルから2メートルになるほど大きく育ちます。

育った枝や幹を使用してパルプを作り、紙を作ります。

今牛乳パックを中心に製紙している手塩宿の新たなチャレンジとなります。

種を開けるとこのような状態でした。

一粒一粒が大きく、つかみやすいので蒔きやすそうです。

0421-8

今回はこのような大きな筒を使用して蒔きました。

これだと車いすに乗りながらも楽しく種まきが出来ます。

目標を定めて筒を置き、その中に種を転がしました。

0421-5皆様こんにちは。

 

 

気温もどんどんと暖かくなってきているので、畑や公園など、外での活動も増やしていきたいと考えています。

今後とも宜しくお願い致します。

 

手塩宿 森田

 

2021.3.2

手塩宿のアール・ブリュッド

こんにちは、手塩宿の森田です。

今回は手塩宿で日ごろ作成しているものの中から一つをピックアップしてご紹介します。

%e6%8a%98%e3%82%8a%e7%b4%99

この作品は折り紙と容器のみで作成されています。元々、細かい作業が得意なご利用者が、紙を折る事が好きなところへ着目し、折り紙を折る事を提示してみるところから始まりました。

img_1262

始めは通常の大きさの紙を折るところから始め、その器用さから少しずつ小さなものへ取り組むものが変わっていきました。

img_1264

今回の作品では、千羽鶴の大きさの折り紙まで到達し、毎日少しずつ折り進めてくださいました。

img_1272

折り続ける事約1か月、とても素敵な作品が出来上がりました!

img_1392

これからも、ご利用者が「好き」で沢山取り組みたいと思って下さることを大切にし、それを作品に活かす工夫を考え検討し、形にしていくこと。

これまでの生産活動にも取り組みつつ、このような個別の作品制作にもどんどん取り組んで行きたいと考えています。

2021.2.16

2月の壁工作~鬼は外、福は内~

こんにちは。

手塩宿の石川です。

 

2月も半ばに差し掛かりましたね。

2月14日はバレンタインデーでしたが、皆さまいかがお過ごしでしたか?

手塩宿では保護者の方から素敵なバレンタインチョコを頂きました!

この場をお借りして、感謝申し上げます。

 

さて、今回はみどり班で行なっている壁工作の様子についてお伝えします!

 

みどり班では緊急事態宣言中は壁工作に日々励んでいます。

今回は2月の節分をテーマに作成を進めてまいりました。

皆さん、楽しそうに色を塗ったり、切ったり、熱心に取り組んでいる様子がたくさん伺えました。

 

そして、とうとう完成した2月の壁工作がこちら!!!

 

dsc06862

 

今回は色とりどりの梅の花を咲かせました。

 

それぞれを細かく見ていきましょう。

dsc06863

節分と言えば「福笑い」ですが、縁起の良い年になってほしいという想いを込めて、「福だるま」にしました!

お顔はご利用者さんがセンス良く貼ってくださり、癒しのだるまが完成しました。

 

 

dsc06870

こちらは、今流行りのアマビエです!

疫病退散の願いも込めて、この節分にアマビエも作成しました。

よく見ると目にグラデーションのあるアマビエもいるんです!

ご利用者の素敵な発想でした。

 

 

続いては、赤鬼と青鬼です!

dsc06868 dsc06869

鬼は今回はちぎり絵で表してみました。いかがでしょうか!

また、節分豆はカラフルな豆になりました!

はたから見ると雨のようにも見えませんか?

鬼の顔が引き立つ2枚となりました。

 

大きな鬼の足元には、小鬼がいます。

それぞれとても個性のある表情をしているので、ぜひお時間ある時にじっくり見てみて下さい!

 

現在、みどり班では春の壁工作に向けてすでに動き出しています。

昨年も春の壁工作をアップしましたが、前回とはまた違った作品ができそうです。

次回は、春の壁工作の様子についてお伝えできればと思っています。

ぜひお楽しみに!

2021.2.2

コースターを作成しています、、!

こんにちは!手塩宿の木村です!

年が明けてはや一ヶ月が過ぎましたね。

寒さが厳しく、緊急事態宣言がどうなるのかわからない今日この頃ですが先日白井運動公園で梅が咲いているのを見かけました!

まだ春の音は遠いかもしれませんが、皆様感染対策や体調に気を付けて健やかにお過ごしください。

 

さて、きいろ班では今年度クラフトペーパーづくりを中心に活動してまいりました。

作業の様子やカレンダーの作成につきましてご紹介させていただきましたが、今回は「コースター」について少しお伝えできればと思います!

 

コースターは「エコで職員の加工を少なくし、ご利用者が出来ることを活かして作る」をコンセプトに作り始めました。

作業工程はカレンダーと変わらないのですが、牛乳パックや段ボールだけではなく、包装紙やチラシ、使用済みのクレヨンを使って色をつけています!

さらには柄をつけたりかわいらしいデザインを目指して作成してきました!

 

♪これはクリスマスの包装紙です!これをちぎってミキサーにかけます!dsc06850

♪牛乳パックと包装紙をミキサーにかけました!

dsc06849

♪柄付きのものにご利用者が色を塗ってくださいました!

dsc06848

♪すいた紙にコーヒーの粕や緑茶押してできたものです!

dsc06846

♪ご利用者さんに節分やチョコ、パンなど書いていただきました!dsc06847

 

 

まだまだ始まったばかりでご利用者さんとできることを探しながらではありますが、着実にかわいらしいものが出来ているのでいつかまた紹介できればいいなと思います!

 

木村

 

 

 

2021.1.26

壁工作~節分~

こんにちは。手塩宿の石川です。

 

第2回目の緊急事態宣言が発令されてしまいましたね。

日頃の感染予防を行なう中で、皆さまが健康で日々を過ごせるよう願うばかりです。

また、寒さも厳しくなり、時には霰が降ることもありましたが、皆さまいかがお過ごしですか?

 

 

さて、今回はふだんは製菓作業を行なっている班の今の様子をお伝えします!

 

まずは、緊急事態宣言を受けて、衛生面や感染リスク等を考慮して、しばらくの間、製菓作業は停止することとなりました。

そしてその間、行なっているのはお馴染みの壁工作です!

 

 

今回のテーマは「節分」!!

 

 

dsc06792

こちらは絵を描くのが好きなご利用者さんが描いたものです。

角にご注目下さい。1本から3本角の鬼まで描いてくださいました!

鬼の筋肉ムキムキ具合がすごい、力強さを感じますよね。

 

壁工作としての作業は、まだまだ作成を開始したばかりですが、その工程がこちら!!

dsc06790

まずは、用紙に色付け。

皆、楽しそうに塗っていました。

 

dsc06779

そして、お次は塗った用紙を豆や梅の花の形にカットしていきます。

こちらのかた、とても切るのが上手なんです!

 

dsc06781

そしてそして、何も描かれていない用紙はちぎっていきます。

ちぎったものを上から落としてみると花吹雪のようでとても綺麗でした!

 

なぜせっかく色を塗ったのにちぎるのか、気になりますよね。

今回の節分は、ちぎり絵も混ぜていく予定です!

 

その台紙、鬼となるのが、、、こちら!!!

 

dsc06782

とても大きな鬼を一生懸命描いてくださっています!

 

現在行っているのはここまで!

この後、どのような節分の壁工作が完成するのか。

次回は、完成した様子をご紹介できたらなと思います。

ぜひ、お楽しみに!!