社会福祉法人フラット

〒270-1431 千葉県白井市根200番地37

電話047-401-3333(受付 9:00~18:00)

2021.10.20

季節の制作!

こんちには!

フラヴィキッズの露崎です。

今回は10月の制作の様子をお届けします!

季節にちなんで秋を感じられる制作をしました。

 

まずは職員と一緒に上手にハサミを使って折り紙を切っていきます

何ができるのでしょうか

 

img_2382

切った折り紙を、イガイガの色紙に貼っていくと...

img_2389-2

何ができるかもうお分かりですね?

 

 

 

 

オリジナルの栗の木の完成です!!  カラフルなシールを使って作った子もいました!

img_2390  img_2391

どれも素敵な作品になりました!

 

芸実の秋、食欲の秋と色々な楽しみがある季節になりましたね!

次回のブログもお楽しみに!

 

2021.10.14

次はハロウィンです!

 

 

おはようございます。こんにちは。こんばんは!

ビリーブの五木田です。

 

夜は冷え込む事も多くなり、秋の訪れを感じる毎日になりました。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、10月と言えば…ハロウィンですね!!

日本でも認知度の高いイベントになってきていますね。

 

こちらのブログで度々出ている言葉なのですが、「季節感を味わう」事。

やはりハロウィンの季節感も味わって頂きたいと思い、出来上がった壁工作がこちらです!

 

photo_21-10-13-20-00-45-508

 

 

とても素晴らしいクオリティですね!

霧吹きで色を付ける事、お化けの型を使って塗装する事…。

様々な工程を組み合わせて、それぞれの自己表現をまとめる事で一つの作品を作る。

担当職員の壁工作における目的がしっかりと反映されており、多くお子さんが楽しんで作成していました。

 

photo_21-10-13-20-00-56-847

photo_21-10-13-20-00-45-702

photo_21-10-13-20-00-49-768

 

これでハロウィンの準備は万全です!

この壁工作を背景に、小さなハロウィンパーティーを楽しみましょう!

2021.10.12

初めてのスコーン作り

久しぶりに班ごとのイベントです。
こんにちは。手塩宿の安仁屋です。

金木犀の甘く爽やかな香りと、秋の声が聞こえる美しい季節が到来しました。
さて、手塩宿のみどり班では10月11日にイベントを行いました。

スポーツの日のBBQ以来、班ごとのイベントは昨年の12月のクリスマス会以来となります。

今回は、イベントの様子をお伝えします。
今回のイベントは「初めてのスコーン作り」を楽しみました。

みどり班はクッキー、マドレーヌ、フィナンシェを作って販売していることもあり
スコーン作りも慣れた手つきで作っています。

img_0962

今回の最大の盛り上りは型抜き!
丸型、三角型、ねこ型、さくらの花型を、個人個人自由に選び型抜きを楽しんでいます。

img_0984

img_1014

オーブンの前で焼き上がりを待つ!普段は見慣れない光景です。

img_1033

img_1039

img_1044

焼き上がりを召し上がる方、持ち帰って楽しむ方、みんなが笑顔になるスコーンでありますように!

今後も、ご利用者と楽しめるイベントを企画していきたいと思います。
秋冷が日増しに加わってまいりますので。
風邪などひかないように過ごしてください。

2021.10.8

【第4号】フラット本部通信:新たな「クレド」をつくりました!

皆さんは「クレド」という言葉を聞いたことがありますか?

「クレド」とは、ラテン語で「志」「約束」を意味する言葉です。
会社で「クレド」という言葉が使われる場合は、
その会社のメンバーにとっての「物事の判断基準」を指します。
(会社によっては、「行動指針」と言われたりします)

これを読んでいる皆さんの心の中には、
何か物事の選択に迷ったとき、進む道を迷ったとき、
拠り所にしている言葉はありますか?

「楽な道ではなく、困難な道を選ぼう」
「相手を変えるのではなく、自分を変えよう」
「悪いところよりもまず、良いところを見よう」

皆さんの心の中に、ひとりひとり違った「行動指針」があると思います。
私たちは、生きていく中で、たくさんの選択をしなければなりません。
その時の判断基準の拠り所になるもの、それが「クレド」です。

私たちは「フラットな社会」を実現するため、日々一生懸命に働いています。
日本では類のない高く、充実した支援を行おうと、日々利用者さんと向き合っています。

ただ、目指すところが高い分、沢山の困難や難しさに直面します。
たくさん迷い、たくさん悩みます。

そんな時、
自信をもって「これだ!」と背中を押してくれるもの、
フラットのメンバーとしての「誇り」を思い出させてくれるもの、
それが「クレド」です。

今回、フラットでは人事制度の改定に伴って、
フラットメンバーが大切にしてきたことを「クレド」として初めて言語化しました。
折角の機会なので、簡単にですが、皆さんにご紹介できればなと思います。

%e3%80%90%e6%96%b0%e4%ba%ba%e4%ba%8b%e5%88%b6%e5%ba%a6%e3%80%91%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e8%b2%bc%e3%82%8a%e4%bb%98%e3%81%91%e7%94%a8%e5%85%a8%e4%bd%93%ef%bc%8b

=============================================================================

①真っ当である(事実を正しく把握し、感情による解釈を入れない)

日本の福祉では、これまで支援員の「直感」や「経験」を元にした支援が行われてきました。
それは否定するべきものではありません。
ただ、私たちは目の前で起こっている「事実」を大切にしないと、
誤った支援をしてしまう可能性があると考えています。
「事実」に対して、正しい「専門性」をもって、「あたりまえを、あたりまえに」する支援を行いたい。
そんな想いを持っています。
感情ももちろん大切、でもそれと同じくらい、目の前で起こっている「事実」を大切にしたい。

➁最善を考える(最低限で妥協せず、何が最善か考える)

日本の福祉はこれまで「最低限の環境を整える」ことに集中してきました。
例えば、「入浴」。
日本の法令では「最低週二回」入浴があればよいとされています。
なので、週二回の入浴を前提にした支援が日本の今のスタンダードになっています。
ただ、利用者さんの中には毎日お風呂に入りたい方もたくさんいるはずです。
私たちがそうであるように。
利用者さんの「あたりまえを、あたりまえに」したい。
そのために、できることは何でもやっていく。そんな想いをもって仕事をしています。

③目的に立ち返る(目的に立ち返りながら、目の前の仕事に向き合う)

私たちが実現したいのは「あたりまえを、あたりまえに」すること。
ただ、目の前の仕事に忙殺されてしまうと、そもそもの目的を、私たちは見失いがちです。
「そもそもこれって何のためにやってるんだっけ?」
定期的にそう問いかけることが、私たちが実現したい支援に最も近づく方法だと考えています。

④最後まで寄り添う(目標に向けてあらゆる手段を考え、行動する)

①~③が実現できたら、もう後はやるだけ。
精神と身体を研ぎ澄ませながら、目の前の利用者さんと時を共にする。
私たちにとって、もっとも幸せで、やりがいのある瞬間です。

⑤チームに貢献する(本気でチームとメンバーのことを想って、行動する)

支援員の仕事というと、利用者さんと過ごす時間がフォーカスされがちですが、
裏では支援員同士のコミュニケーションが盛んに行われています。
ひとりの利用者さんの「あたりまえ」を創るために、多くの支援員が関わっています。
「福祉はチームプレー」そんな想いを大切にしているメンバーと日々働いています。
(プチ自慢ですが「とても仲が良い法人だ」とよく言われます!笑)

⑥変化する(今よりも未来に目を向け、自身を変え続ける)

「変化する」といっても、そんなに大げさなことではありません。
①~⑤を本当に実現しようとすると、日々足りないところ、至らないところばかりです。
でも、高い目標を掲げているので、それは恥じることでも、申し訳なく思う必要も、ありません。
とてもシンプルですが、
「昨日の自分よりも、ちょっとだけでも成長した自分になれたかな?」
その積み重ねが、明るい未来を創っていくと信じています。

=============================================================================

以上長くなりましたが、私たちの「クレド」を紹介させていただきました。
この「クレド」を通して、私たちが実現したいと思っていることが、
一人でも多くの方に伝わったら嬉しいなと思います。

また、もし共感していただける方がいましたら、是非一緒に働きましょう!

2021.9.30

秋を満喫!

日も短くなり、夕方になると秋の虫の音が聴こえます。日々の気温差があり体調を崩しやすい季節ですが、皆様お元気でしょうか。きらりの大橋です。

レイズ班のイベントが24日(金)にありました。秋を感じよう!ということで、八千代緑地公園散策へ行って参りました。

$CoMmEnt‡

彼岸花で有名ですが、赤と白の彼岸花が斜面いっぱいに広がっておりました。陽の光を浴びて輝いています。

ふと、足を止めてゆっくりと眺め、心地よい秋の風を感じました。1時間ほど散策し、良い運動にもなりました。

Digital Camera

センターへ戻り、ランチは、ピザパーティーです。

屋外のウッドデッキにて召し上がる方、食堂で召し上がる方・・・

Digital Camera

イベントも、限られる中での催し物となりますが、思い出の1ページを積み上げて行ければと思っております。

皆様、体調にはくれぐれも気を付けていきましょう!

2021.9.29

~フラヴィキッズに看板が出来ました~

暑さも段々と落ち着いてきて、日に日に秋を感じられるようになってきましたね!

フラヴィキッズの露崎です。

 

この度、フラヴィキッズの入り口に看板が出来上がりました!!

img_2036

作成は生活介護事業所「きらり」のご利用者さんです。

フラヴィキッズの7文字を虹色に、全て手縫いでとても素敵な看板を作ってくれました!

ありがとうございます!!

 

お散歩日和のこの日は近隣の公園までお散歩

img_2247

img_2244

行き帰りの道ではお友達のことを一緒に押して、職員のお手伝いをしてくれました。

 

img_2222  img_2233

公園では順番に滑り台をしたり、草花を集めたりと楽しく過ごしています。

天気の良い日には外でたくさん体を動かすことはとても良いですね!

 

今後も日々の様子などお伝えしていきます!

2021.9.28

アートイベント!

こんにちは。

手塩宿の木村です!!

夏のなごりを感じながらも、秋のお訪れによる自然の変化を感じるようになりましたね。

金木犀が咲いているのをみて新しい季節の訪れにワクワクしました!

 

そんな中、きいろ班では9月23日にイベントを開催しました!

その名も「プチアート祭り」です!

日ごろ漉いている紙をポストカードの形にカットしたものや午後に使用するボウリングのピンに思い思いに塗りました。

img_0885

img_0862img_0855

色を目線や手で伝えて下さる方や、手や腕を使って大胆に作品を作る方、スタンプや筆を使って丁寧に塗られる方!職員も一緒になって楽しく参加することが出来ました!

午後には綿あめづくりとボーリング大会!

img_0898

大小さまざまなピンをチームで全部倒すよう協力してゲームをしました♪

疲れた後は綿あめを食べて休憩しました!

 

久々に食べる綿あめは甘くておいしかったです!

次は何をするか今  からワクワクが止まりません!

 

では、皆様体調にお気をつけてお過ごしください。

また活動を報告させていただきます!

木村

 

2021.9.7

夏祭り開催!!

きらりの石田です。

8月31日にきらりで夏祭りイベントを開催しました。

コロナ渦の中、地域での催し物が中止となり、寂しく思っております。ご利用者に祭りの雰囲気を少しでも味わってもらいたいと思い

開催しました。

出し物として、ヨーヨー釣り、千本引き、輪投げ、喫茶店を担当の班事に出店しました。

千本引きでは自分の目当ての景品を見定めて、紐を引っ張る仕草や、ヨーヨー釣りでは、釣り糸が切れないよう慎重にヨーヨーを釣るように

頑張っていました。

$CoMmEnt‡

$CoMmEnt‡

 

喫茶店では様々な飲み物から好きな飲み物を選んでいただき召し上がってもらいました。

また、同時にスタンプラリーも開催して各班の出し物を終えると、シールを貰えるようにして達成感も得れるようにしました。

今後も、ご利用者が楽しめるイベントを企画していきたいと思います。

季節の変わり目で気温差があります、風邪など退かないように過ごしてください。

 

2021.9.2

【第3号】フラット本部通信:みんなの想火プロジェクトに参加しました

 

今年も全国的に夏祭りや花火大会などのない夏となりましたが、

この夏、フラットでは新しい形のつながりを得ました。

 

それは松戸市のNPO法人ユニークユニバースの益山様に、

情熱たっぷりにお誘いいただいた「みんなの想火」プロジェクトです。

 

「みんなの想火」プロジェクトは

東京オリンピック開幕前夜の7月22日に、全国各地・世界で竹灯籠に火を灯し、

平和や願いを祈り、想いをつなごうというプロジェクトです。

 

コロナ禍になって1年半、

旅行やフェスタなど大きなイベントを実施できず、

まとまりやつながりを強く感じる機会を失っていたフラットにとっては

とても意味があるイベントになりました。

 

 

また、フラットでは「あたり前をあたり前にする」ことを目標にしており、

障害を理由に「できない」と決めてしまわず、

誰しもが挑戦し、経験を積むことによって、

心と人生の豊かさに繋がるよう心がけています。

 

今回の竹あかり制作においても、

「この方のために、どうしたらできるのか」考え、工夫し、

可能な限りご利用者の皆様に参加していただきました。

 

■生活介護事業所「手塩宿」の工夫例

——————————————————-

竹灯篭のデザインに沿って、大小さまざまな穴をドリルで開けるにあたり、

ドリルの番号のみの印では作業が難しいと考え、

赤や青などわかりやすい色を付けて視覚的に判断しやすくしました。

 

また、竹が不安定になってしまう作業のしづらさや危険を軽減するため、

転がりを防止する台を作成し、各事業所に配付しました。

——————————————————-

 

職員も「フラットな社会」に一歩ずつ近づいていけるよう祈りと決心を込めて制作し、

ご利用者と合わせて、大小100本以上の竹灯籠が出来上がりました。

 

制作された竹灯籠は松戸地蔵尊證誠院に持ち込まれ、

プロジェクト参加者のみなさんの竹灯籠と一緒に飾っていただき、

素晴らしい竹あかりを灯すことができました。

 

筆者の拙い言葉で表現するよりも、

皆様には実際の様子をご覧いただきたいと思います。

 

ぜひ、ご自身に、ご家族に、地域に、日本に、世界に平和が訪れるよう、

想いを馳せながら動画を視聴されてみていただければ幸いです。

 

 

■アフタームービー(ユニークユニバース様)

☞ https://youtu.be/tHX9AhGwBvc

■「みんなの想火」プロジェクトページ

(竹あかりギャラリーページ必見です)

☞ http://47akari.jp/

■ユニークユニバース様プロジェクトページ

☞ https://uniunico.com/?p=1536

■フラットでの活動

blog1blog2blog4blog5

2021.8.28

暑さを乗り切れ!!

きらりの石田です。

オリンピックも終わり、パラリンピックが始まり、8月も終わりに近づいていますがまだまだ、暑い日が続きます。

ダイヤモンド班では夏イベントを開催し、オリジナルの風鈴作りを行いました。

一人ひとりが、自由に風鈴に模様を描いて、世界に一つしかない風鈴を作り上げました。

昼食ではデリバリーのピザをみんなで召し上がりました。今年度に入ってから室内で初の給食以外の食べ物で

ご利用者、職員共にテンションが上がっていました。

午後からはまったりと映画鑑賞をして過ごし、コロナ渦での過ごし方として大変満足のいくイベトンが開催できたと思います。

$CoMmEnt‡

 

dominos