社会福祉法人フラット

〒270-1431 千葉県白井市根200番地37

電話047-401-3333(受付 9:00~18:00)

2021.10.29

HAPPY HALLOWEEN🎃

皆さん、こんにちは!ビリーブの及川です

 

とうとう待ちに待ったハロウィンの日がやってきました!

 

 

dscn0013

 

 

この日に向けてガーランドや輪飾りなど、様々な飾りつけを行いました!

 

天井から飾りを吊るすと一気にハロウィン感が出てとても素敵ですね

子供たちもワクワク、そわそわしながらこの日を楽しみにしていました!

 

 

dscn0017

 

 

職員も顔にフェイスペイントをほどこし、みんなでプチハロウィンパーティーを開催!!!

「トリックオアトリート!」を合言葉にお菓子をもらいながら、とても嬉しそうな様子でした

 

 

 

photo_21-10-29-18-02-16-3011

 

 

写真撮影も大いに盛り上がり、とても素敵な一日となりました!

 

フラヴィキッズのHappy Halloween!!

Happy Halloween!!

どうも!フラヴィキッズの露崎です!

今週末はハロウィンということなので、フラヴィキッズでもハロウィンを開催しました!

 

まずはお菓子を入れてもらうために、ジャックオーランタンの形をしたカゴを作りました。

img_2442-2上手にノリで貼って、持つところもつけて完成です!

 

カゴが完成したら、いざ

Trick or Treat

img_3276

フラヴィキッズの隣の事務室にお菓子をいただきにいきました~

Trick or Treatは言えたかな?

img_3269-2

お菓子をもらったら次の場所へ…

img_3282

フラットヴィレッジの中を周ってたくさんお菓子をもらえました~

%e5%9b%b31

魔法使いの帽子、マントも子どもたちが色を塗ったり、シールを貼ったりとオリジナルの物を作りました!

 

次回もお楽しみに!

2021.10.27

いよいよ収穫の秋!

底冷えする日もある。今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は、水菜の収穫と大根が発芽しましたので、そのご報告をさせていただきます。

 

まずは水菜です。大変大きく育ち収穫の時季を迎えました。

img_1048

ご利用者の方も根っこから引き抜く収穫を大変楽しそうに行っていました。

img_1053

収穫後は、流水で綺麗に泥をとり、根っこの茎を切って、包装しています。

続きまして、大根が発芽しましたので、ご紹介します。

img_1049

まだまだ小さく頼りないですが、大きく太く育ってくれればと思います。

ご利用者の方と一緒に大きい大根に育てていきます。

 

次回は大根の近況をご報告します。お楽しみに!

 

 

2021.10.23

シーズン到来

きらり石田です。

本日、ダイアモンド班のイベントで秋の味覚を堪能しました。

秋の味覚の代表格として、石焼き芋を召し上がりました。

当日は、天候が雨天だったので、当初予定していた、公園で召し上がる事が叶いませんでしたが

室内で召し上がっても、美味しい石焼き芋でした。

photo_21-10-22-19-02-29-928 photo_21-10-22-19-02-33-515

これから秋が深まり、寒さも本格的になってきます。

御体にお気をつけてお過ごしください。

2021.10.20

季節の制作!

こんちには!

フラヴィキッズの露崎です。

今回は10月の制作の様子をお届けします!

季節にちなんで秋を感じられる制作をしました。

 

まずは職員と一緒に上手にハサミを使って折り紙を切っていきます

何ができるのでしょうか

 

img_2382

切った折り紙を、イガイガの色紙に貼っていくと...

img_2389-2

何ができるかもうお分かりですね?

 

 

 

 

オリジナルの栗の木の完成です!!  カラフルなシールを使って作った子もいました!

img_2390  img_2391

どれも素敵な作品になりました!

 

芸実の秋、食欲の秋と色々な楽しみがある季節になりましたね!

次回のブログもお楽しみに!

 

2021.10.14

次はハロウィンです!

 

 

おはようございます。こんにちは。こんばんは!

ビリーブの五木田です。

 

夜は冷え込む事も多くなり、秋の訪れを感じる毎日になりました。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、10月と言えば…ハロウィンですね!!

日本でも認知度の高いイベントになってきていますね。

 

こちらのブログで度々出ている言葉なのですが、「季節感を味わう」事。

やはりハロウィンの季節感も味わって頂きたいと思い、出来上がった壁工作がこちらです!

 

photo_21-10-13-20-00-45-508

 

 

とても素晴らしいクオリティですね!

霧吹きで色を付ける事、お化けの型を使って塗装する事…。

様々な工程を組み合わせて、それぞれの自己表現をまとめる事で一つの作品を作る。

担当職員の壁工作における目的がしっかりと反映されており、多くお子さんが楽しんで作成していました。

 

photo_21-10-13-20-00-56-847

photo_21-10-13-20-00-45-702

photo_21-10-13-20-00-49-768

 

これでハロウィンの準備は万全です!

この壁工作を背景に、小さなハロウィンパーティーを楽しみましょう!

2021.10.12

初めてのスコーン作り

久しぶりに班ごとのイベントです。
こんにちは。手塩宿の安仁屋です。

金木犀の甘く爽やかな香りと、秋の声が聞こえる美しい季節が到来しました。
さて、手塩宿のみどり班では10月11日にイベントを行いました。

スポーツの日のBBQ以来、班ごとのイベントは昨年の12月のクリスマス会以来となります。

今回は、イベントの様子をお伝えします。
今回のイベントは「初めてのスコーン作り」を楽しみました。

みどり班はクッキー、マドレーヌ、フィナンシェを作って販売していることもあり
スコーン作りも慣れた手つきで作っています。

img_0962

今回の最大の盛り上りは型抜き!
丸型、三角型、ねこ型、さくらの花型を、個人個人自由に選び型抜きを楽しんでいます。

img_0984

img_1014

オーブンの前で焼き上がりを待つ!普段は見慣れない光景です。

img_1033

img_1039

img_1044

焼き上がりを召し上がる方、持ち帰って楽しむ方、みんなが笑顔になるスコーンでありますように!

今後も、ご利用者と楽しめるイベントを企画していきたいと思います。
秋冷が日増しに加わってまいりますので。
風邪などひかないように過ごしてください。

2021.10.8

【第4号】フラット本部通信:新たな「クレド」をつくりました!

皆さんは「クレド」という言葉を聞いたことがありますか?

「クレド」とは、ラテン語で「志」「約束」を意味する言葉です。
会社で「クレド」という言葉が使われる場合は、
その会社のメンバーにとっての「物事の判断基準」を指します。
(会社によっては、「行動指針」と言われたりします)

これを読んでいる皆さんの心の中には、
何か物事の選択に迷ったとき、進む道を迷ったとき、
拠り所にしている言葉はありますか?

「楽な道ではなく、困難な道を選ぼう」
「相手を変えるのではなく、自分を変えよう」
「悪いところよりもまず、良いところを見よう」

皆さんの心の中に、ひとりひとり違った「行動指針」があると思います。
私たちは、生きていく中で、たくさんの選択をしなければなりません。
その時の判断基準の拠り所になるもの、それが「クレド」です。

私たちは「フラットな社会」を実現するため、日々一生懸命に働いています。
日本では類のない高く、充実した支援を行おうと、日々利用者さんと向き合っています。

ただ、目指すところが高い分、沢山の困難や難しさに直面します。
たくさん迷い、たくさん悩みます。

そんな時、
自信をもって「これだ!」と背中を押してくれるもの、
フラットのメンバーとしての「誇り」を思い出させてくれるもの、
それが「クレド」です。

今回、フラットでは人事制度の改定に伴って、
フラットメンバーが大切にしてきたことを「クレド」として初めて言語化しました。
折角の機会なので、簡単にですが、皆さんにご紹介できればなと思います。

%e3%80%90%e6%96%b0%e4%ba%ba%e4%ba%8b%e5%88%b6%e5%ba%a6%e3%80%91%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e8%b2%bc%e3%82%8a%e4%bb%98%e3%81%91%e7%94%a8%e5%85%a8%e4%bd%93%ef%bc%8b

=============================================================================

①真っ当である(事実を正しく把握し、感情による解釈を入れない)

日本の福祉では、これまで支援員の「直感」や「経験」を元にした支援が行われてきました。
それは否定するべきものではありません。
ただ、私たちは目の前で起こっている「事実」を大切にしないと、
誤った支援をしてしまう可能性があると考えています。
「事実」に対して、正しい「専門性」をもって、「あたりまえを、あたりまえに」する支援を行いたい。
そんな想いを持っています。
感情ももちろん大切、でもそれと同じくらい、目の前で起こっている「事実」を大切にしたい。

➁最善を考える(最低限で妥協せず、何が最善か考える)

日本の福祉はこれまで「最低限の環境を整える」ことに集中してきました。
例えば、「入浴」。
日本の法令では「最低週二回」入浴があればよいとされています。
なので、週二回の入浴を前提にした支援が日本の今のスタンダードになっています。
ただ、利用者さんの中には毎日お風呂に入りたい方もたくさんいるはずです。
私たちがそうであるように。
利用者さんの「あたりまえを、あたりまえに」したい。
そのために、できることは何でもやっていく。そんな想いをもって仕事をしています。

③目的に立ち返る(目的に立ち返りながら、目の前の仕事に向き合う)

私たちが実現したいのは「あたりまえを、あたりまえに」すること。
ただ、目の前の仕事に忙殺されてしまうと、そもそもの目的を、私たちは見失いがちです。
「そもそもこれって何のためにやってるんだっけ?」
定期的にそう問いかけることが、私たちが実現したい支援に最も近づく方法だと考えています。

④最後まで寄り添う(目標に向けてあらゆる手段を考え、行動する)

①~③が実現できたら、もう後はやるだけ。
精神と身体を研ぎ澄ませながら、目の前の利用者さんと時を共にする。
私たちにとって、もっとも幸せで、やりがいのある瞬間です。

⑤チームに貢献する(本気でチームとメンバーのことを想って、行動する)

支援員の仕事というと、利用者さんと過ごす時間がフォーカスされがちですが、
裏では支援員同士のコミュニケーションが盛んに行われています。
ひとりの利用者さんの「あたりまえ」を創るために、多くの支援員が関わっています。
「福祉はチームプレー」そんな想いを大切にしているメンバーと日々働いています。
(プチ自慢ですが「とても仲が良い法人だ」とよく言われます!笑)

⑥変化する(今よりも未来に目を向け、自身を変え続ける)

「変化する」といっても、そんなに大げさなことではありません。
①~⑤を本当に実現しようとすると、日々足りないところ、至らないところばかりです。
でも、高い目標を掲げているので、それは恥じることでも、申し訳なく思う必要も、ありません。
とてもシンプルですが、
「昨日の自分よりも、ちょっとだけでも成長した自分になれたかな?」
その積み重ねが、明るい未来を創っていくと信じています。

=============================================================================

以上長くなりましたが、私たちの「クレド」を紹介させていただきました。
この「クレド」を通して、私たちが実現したいと思っていることが、
一人でも多くの方に伝わったら嬉しいなと思います。

また、もし共感していただける方がいましたら、是非一緒に働きましょう!